50万円借りたい借金術|カードローンですぐにお金を借りる方法

指さす女性

子どもの学費や引っ越しの資金、突然のお葬式や結婚資金などで
50万円程度のまとまった借金をしたい。できればすぐにでもお金を借りたい。

 

そんな方におすすめなのが、カードローンでのキャッシングです。

 

カードローンでは50万円などのある程度まとまったお金を借りる場合でも、提出書類は免許証や保険証などの身分証明書のみで、収入証明書不要で審査を受けることができます。

 

特にWEB申込では、必要書類をスマートフォンなどで撮影し専用アプリで送るだけ。
来店不要なので簡単で便利です。

 

また、申込時にご自分の口座を登録しておけば、契約後すぐに振り込みをしてもらう事もできます。

 

振込キャッシングなら、申込の時間やあなたの条件によっては即日融資が可能です。

 

なおカードローンには、大手銀行系が運営しているカードローンと、消費者金融系のカードローンがあります。
それぞれに特徴がありますが、50万円を借りたい場合は…

 

すぐに借りたい!という場合は、審査がスピーディーな消費者金融系のカードローン
長期での借り入れを希望する際は、低金利の銀行系カードローン

 

を選ぶといいでしょう。

 

なお消費者金融の場合は、総量規制といって他社の借り入れも含め年収の3分の1までしか借り入れができませんので、注意が必要です。

 

自分に合ったカードローンを探してみてくださいね。

50万円借りたい方におすすめのキャッシング

プロミス

20代や30代やアルバイトやパート主婦でも高所得者もオールマイティーの方に安心20代や30代やアルバイトやパート主婦でも高所得者もオールマイティーの方に安心

プロミス

申し込み完了後、すぐにどれだけの融資が可能か分かる!
審査時間は、なんと!最短30分なので即日融資可能!自分の口座に振込み等もOK!
メールアドレス登録とWEB明細の利用で30日間無利息キャンペーン!
おすすめ度:

実質年率 4.5~17.8% 利用限度額 限度額500万円
融資スピード 最短即日利用可能 審査スピード 最短30分

プロミスの公式サイトはこちら

 

アコム

初めてご利用や即日融資希望の方におすすめ初めてご利用や即日融資希望の方におすすめ

アコム

はじめてアコムをご利用の方なら金利0円!(※最大30日間)
申込前に融資可能かどうかがわかる3秒診断!たった3項目の入力ですぐに診断!
WEBで申込からご契約までが完結。
おすすめ度:

実質年率 3.0~18.0% 利用限度額 1万円~800万円
融資スピード 最短1時間融資可 審査スピード 最短30分

アコムの公式サイトはこちら

 

みずほ銀行

みずほ銀行

平日8時15分~18時までならみずほ銀行ATMで手数料は無料
電話やホームページから頼めば自分の口座に振り込みも可能!
WEB申し込みだと来店不要です。
おすすめ度:

実質年率 2.0~14.0% 利用限度額 最大限度額800万円

みずほ銀行の公式サイトはこちら

 

新生銀行カードローン レイク

専業主婦の方や低収入の方も安心専業主婦の方や低収入の方も安心

新生銀行カードローン レイク

申し込みからカードが渡されるまで最短40分で御利用いただけますので急がれてる方にオススメです。
必ず女性スタッフが出るフリーダイヤル完備で女性のご利用の方も安心して御利用いただけます。
5万以内なら180日無利息キャンペーンを御利用しましょう!
おすすめ度:

実質年率 4.5~18.0% 利用限度額 限度額500万円
融資スピード 最短即日利用可能※ 審査スピード 申込み完了画面に表示

※平日14時までに、申込と必要書類の確認の完了が必要

新生銀行カードローン レイクの公式サイトはこちら

 

三菱東京UFJ銀行 バンクイック

三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック

三菱東京UFJ銀行の口座がなくてもOK!
WEBからの申込なら24時間受付で忙しい方にもおすすめ
三菱東京UFJ銀行ATM、提携コンビニATMの利用手数料がいつでも何度でも0円
おすすめ度:

実質年率 1.8~14.6% 利用限度額 最高500万円まで
申し込み WEBなら24時間受付

三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイックの公式サイト

即日融資も可能!?ネット申し込みの手順

 

携帯を操作する女性

50万円をすぐに借りたいのであれば、WEB申し込みがお勧めです。

 

申込み用紙を手配して記入し郵送するような手間がかからず、パソコンやスマホやタブレットなどがあればOKです。

 

必要事項を打ち込んで申込み手続きをしたら、審査結果を待ちましょう。

 

通常30分~その日の内に審査結果がでるのが一般的です。
早いところでは数十秒で結果がかえってくるところもあります。

 

あとは必要書類を送付しますが、すぐにお金を借りたいという方は、必要書類をスマホなどのカメラで撮影して送りましょう。

 

印鑑や保証人、担保はいりません。必要なのは本人の身分を確認できるものだけです。
運転免許証、もしくは健康保険証かパスポートがあればよいのです。

 

希望借り入れ額と他社での利用が100万円を超える場合は収入証明書が必要な事もありますが、借り入れ金額が50万円までならその必要ありません。

 

書類を手配する手間がかからず手軽に利用できるというのは、とても便利ですね。

 

WEB申込なら来店不要で申し込みから融資まで完結できますので、忙しい方には特におすすめです。

 

50万借りる方法として最適なのはWEBで申し込んで、なおかつ収入証明不要の金額にすることでしょう。

 

自分に合った使い方で、上手にキャッシングを利用するといいと思います。

カードローンの審査について

 

書類を持つ女性

お金を借りるときに必ず行われる審査。

「借りたお金をキチンと返済できるかどうか」を確認するもので、審査に通らない場合はお金を借りることはできません

 

審査があることは皆さんすでにご承知でしょうが、その審査項目がどういうものかはご存じですか。

 

そもそも「審査」とは、基本的に「返済能力」を見るためのものです。

 

その返済能力があるかどうかを見極めるために必要な項目を「属性」といいますが、それらの項目は申し込み画面にほとんど含まれています。

 

例えば・・・
「名前」「性別」「年齢」「住所」などや「勤務先情報」(会社名や所在地、連絡先や勤続年数など)「生活環境」(持ち家かどうか、配偶者や子供の有無、年収やローン状況など)に関することはすべて審査対象情報として取り扱われます。

 

お金を返す力の一つが「安定収入」です。

 

定職に就いていれば月々の収入があるわけですから、その収入を返済に充てることができます。
しかし高額収入か低額収入かでは大きな差がありますので、勤続年数や職種などで、収入の裏付けを取っていくのです。

 

ほとんどの金融機関が属性を点数化するスコアリングシステムを導入しているため、申し込み画面で申告された情報は数値化され審査基準と照らし合わせられるのです。

 

また、属性だけでなく信用情報も確認されます。それは「現在の借り入れはどれくらいあるのか」「過去の返済に滞納はなかったか」等です。これらを総合的に判断し、審査OKやNGとしていくのです。

 

申し込み画面は審査画面です。ご自身の状況をウソ偽りなくきちんと申告することで審査通過に近づけます。
しっかりと間違いなく申し込み情報を入力(記入)してくださいね。

身分証だけで50万円借りれる理由

 

カードローンで借入したい金額が50万円までであれば、用意しなければいけない書類は免許証や保険証などの身分証のみです。

 

なぜかというと、希望の借入額が50万円を超えていなければ、収入証明書類の提出は不要だというところがほとんどだからです。

 

収入証明書類が不要な金額はカードローン会社によって異なりますが、プロミスなど消費者金融の場合は50万円としているところが多いので、すぐに50万借りたいと思ったときでも、わざわざ収入証明書を用意する必要はないのです。

消費者金融で借りる前に知っておきたいこと

 

消費者金融でお金を借りるときに気を付けることがあるとすれば、総量規制です。

 

総量規制は、個人が消費者金融でお金を借り入れる場合に、年収の3分の1までに制限される仕組みのことをいいます。

 

複数の借り入れ先がある場合は、その借入れ総額が3分の1を超えてはいけないので、消費者金融でお金を借りるときには、現在の借入状況なども踏まえ、希望額を決めましょう。

 

他社からの借入がなく、新規で申し込む際には、150万円の年収があれば、50万円借りることができます。